【九州うまかもん】博多水炊き 「とり田」 は福岡一おいしい!丸鶏仕込み極旨スープ、来福必食の逸品

20150505_194812-1

「博多水炊き」なるものがある、というのを福岡に来てから知りました。

関西出身の私にとって「水炊き」と言えば、昆布だしをとった土鍋に野菜と鶏を入れてポン酢でいただく鍋料理が水炊きだったのです。

転勤してきて間もない頃、先輩に連れられて食べた博多の水炊きはそれまで食べてきた水炊きとは全く違うものでした。

鶏ガラスープが煮立ち、「まずはスープをどうぞ」と湯飲みに注がれたスープを飲む。

20150505_194505

そのあと鶏肉を煮ては食べ、野菜を加えて食べるのが博多水炊きのお作法です。

初めて食べた私はスープの時点で衝撃を受けました。鶏の旨味が凝縮されてて、それまでの水炊きのイメージと全く違ったからです。

それからは九州外からこちらに来る人たちをおもてなしする時は必ず水炊きと決めています。

そんな時に外せないのが「博多水炊き とり田」の水炊き。

こちらの水炊きは鶏ガラスープではなく、贅沢にも丸鶏を煮込んだスープ。鶏の旨味が凝縮されたスープはまさに来福必食!絶対に食べてほしいと思う逸品です。

肉味噌たまごや鶏わさの突き出しでまず一杯。

20150505_193347

20150505_194241

そして何も加えない純粋なスープを楽しみ。その後は鶏肉にお野菜をたっぷり頂きます。

20150505_194812

 

歯ごたえプリプリの鶏肉を味わい、スープの旨味を吸った野菜を味わい。

シメはもちろんチャンポン麺!

20150505_205728

 

普段は結構飲む(控えめな表現)私ですが、とり田ではあまり飲みません。スープと具材を味わい、シメまで頂くことでお腹いっぱいになるからです。

なので個人的には二軒目で飲み直しすることオススメします(結局飲む)。

飲めなくなるくらいのボリュームと旨味を味わうのもたまには良し。

以上、私が福岡一おいしいと思う博多水炊きのご紹介でした。

とり田

関連ランキング:水炊き | 薬院大通駅薬院駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

  1. 吞み処 かすみ亭 at 新橋:舌鼓止むことなし、昭和の男を癒やす奇跡の店は貸切利用がおすすめ

  2. エトーさんちの朝ゴハン「ホタルイカの炊き込みご飯御膳」おこげも美味しい

  3. エトーさんちの朝ゴハン「フレンチトーストとミートパイボウルプレート」カリ・ふわ・とろ・サクっと食感

  4. 紅茶に慣れ親しんでいるシンガポーリアンへの手土産は、迷うことなく一保堂の緑茶をセレクト

  5. エトーさんちの朝ゴハン「葱餅の生姜焼き巻き」業務スーパーの葱餅アレンジ

  6. エトーさんちの朝ゴハン「ライスボウル」牛すじ煮込みとカレー鶏天

  7. エトーさんちの朝ゴハン「秋刀魚の蒲焼き寿司」甘辛ダレをご飯にもまぶして

  8. 女子メシ日誌:すき家 とろ〜り3種のチーズ牛丼 と 毎日の食卓3.6牛乳。予定もないのに化粧して帰っ…

monolith video

PAGE TOP