【料理の色考察】本日のパスタ、小柱とアスパラガスのトマトソース

パスタで考える、料理の色考察。本日のパスタは、小柱とアスパラガスのトマトソース。我々がここで学ばなければならないのは、赤と緑を引き立てる白の存在です。

トマトソースは情熱そのもの、飢えた胃袋を挑発するかのように赤く、強い。そこへ調和の象徴ともいうべきパセリの緑。もし、これが赤と緑だけ世界であれば、どこかぎくしゃくするはずです。

赤と緑は補色関係にあります。簡単に言うと、正反対の色なのです。この2つが混在すれば、互いの個性がぶつかりコントラストが強く出るということです。

互いを目立たせる場合の組み合わせとしては最適ですが、一皿で宇宙を表現する料理は、皿を含めたそのすべてが調和していなければ美しい味、美味とはなりません。

そこには全てを受け止める母なる白が必要です。皿の白、貝の小柱の白、そしてチーズの白がぎくしゃくしがちな赤と緑の世界に調和をもたらし、同じテーブルにつかせる役目を果たしています。

なお、イタリアの国旗は左右に赤と緑、中央に白を配しています。イタリア料理の王道とも言えるこの配色は、マルゲリータという代表的なピザでも想像しやすいはずです。この配色そのものが、一皿にしてイタリアを表しているとも言えるかもしれません。

キレイだな、と思う料理には必ずそうした調和とメッセージが込められています。そうした美しさも味わいながら料理を食べると、また少しおいしく感じるかもしれませんよ。

ちなみに、言わずと知れた、赤いきつねと緑のたぬきは、この補色のコントラストを活かしたネーミングであり商品です。本来赤も緑も関係がないうどんとそばですが、正反対の2種類の色を用いて究極の2択世界を作っているわけです。

 

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「かすうどん」大阪土産

  2. 栃木の珍スポ「新生姜ミュージアム」体験記、岩下さんちのご乱心を日帰り無料で楽しめますぞ!

  3. エトーさんちの朝ゴハン「海苔とおかかと黄身漬け飯」甘辛出汁醤油に一晩漬け込むだけ

  4. エトーさんちの朝ゴハン「バリ風肉団子スープ」バリ屋台の思い出の味

  5. エトーさんちの朝ゴハン「焼肉ロールプレート」神津島のパッションフルーツ

  6. エトーさんちの朝ゴハン「明太卵かけご飯」九州食材あれこれ

  7. エトーさんちの朝ゴハン「舟形焼きおにぎり出汁茶漬け」上場2周年記念

  8. エトーさんちの朝ゴハン「お祝いプレート」結婚式参加の朝はフルーツグラノーラで軽めに

monolith video

PAGE TOP