【麺狂い】ゆで太郎の肉そばはコロッケ必須。小橋の豪腕ラリアット昇天級、シンプルに旨い

麺狂いにとって、なによりも辛いのは耐えること。麺がのびてしまっては美味しさは半減してしまうからです。しかし、小橋建太の受けの美学よろしく、待つことでおいしくなるそばもあるんです。かなり身近に。

それがゆで太郎の肉そば+コロッケ追加。520円のベストバウトです。ゆで太郎の肉そばは、肉がしっかりしています。さながら小橋の逆水平のようにしっかりと相手に刻み、同時に試合を作るのです。

コロッケをあたたかいツユに沈め、ひたすら時が来るのを待ちます。技を受け苦しみにたえる小橋の苦しそうな顔が思い浮かぶのもこのタイミングでしょう。

そばを半分ほど片づけたころ、いよいよコロッケに手をつけます。冷たく味気ない「はず」のゆで太郎のコロッケが、表面にしみたツユとぬくもりをまとい、甘く優しく生まれ変わるのです。

IMG_8773.JPG

あとは逆水平とスープレックスで仕上げる小橋のスタイルと同じ。肉→そば→コロッケ→そばと口に放り込んでください。頃合いをみてコロッケ成分がとけ出したツユを飲み干せばラリアット、気づけばマットに沈んでいることでしょう。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「ビーフシチュー」おせちに飽きたら洋食で

  2. エトーさんちの朝ゴハン「大和芋のとろろごはん」サクッと滋養強壮&ビタミン補給

  3. 【うちの夫飯、時々妻】鳥の竜田揚げと絶品クリームチーズを使ったかぼちゃサラダ

  4. エトーさんちの朝ゴハン「スムージープレート」運動前のお手軽飯

  5. エトーさんちの朝ゴハン「海南鶏肉」何にでも合う海老辣油

  6. 節分にもらった豆源は嬉しいお面付き! 江戸から続く愛され手土産は福豆だって投げたくなくなる美味しさ:…

  7. エトーさんちの朝ゴハン「豚キムチ炒飯」元気に〆て元気にスタート

  8. エトーさんちの朝ゴハン「鶏団子のせ焼おにぎり茶漬け」熱々出汁をかけてさらさらと

monolith video

PAGE TOP