【麺狂い】ゆで太郎の肉そばはコロッケ必須。小橋の豪腕ラリアット昇天級、シンプルに旨い

麺狂いにとって、なによりも辛いのは耐えること。麺がのびてしまっては美味しさは半減してしまうからです。しかし、小橋建太の受けの美学よろしく、待つことでおいしくなるそばもあるんです。かなり身近に。

それがゆで太郎の肉そば+コロッケ追加。520円のベストバウトです。ゆで太郎の肉そばは、肉がしっかりしています。さながら小橋の逆水平のようにしっかりと相手に刻み、同時に試合を作るのです。

コロッケをあたたかいツユに沈め、ひたすら時が来るのを待ちます。技を受け苦しみにたえる小橋の苦しそうな顔が思い浮かぶのもこのタイミングでしょう。

そばを半分ほど片づけたころ、いよいよコロッケに手をつけます。冷たく味気ない「はず」のゆで太郎のコロッケが、表面にしみたツユとぬくもりをまとい、甘く優しく生まれ変わるのです。

IMG_8773.JPG

あとは逆水平とスープレックスで仕上げる小橋のスタイルと同じ。肉→そば→コロッケ→そばと口に放り込んでください。頃合いをみてコロッケ成分がとけ出したツユを飲み干せばラリアット、気づけばマットに沈んでいることでしょう。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「ハニーバターダッチベイビー」中はモチモチ外はカリカリ

  2. エトーさんちの朝ゴハン「ひと口素麺」牛しぐれ煮と茄子の揚げ浸しのせ

  3. エトーさんちの朝ゴハン「エスニックカレー炒飯」アボカドフラワーと半熟卵のせ

  4. TOKYO鉄板洋食「モンブラン」のハンバーグをツマミに。8種880円〜の下町プライス、なのに本格派

  5. エトーさんち朝ゴハン番外編「クリスマスランチ」食器と盛り付けでそれっぽく

  6. 【香港ごはん】香港でスパニッシュ、EL CID at 尖沙咀ナッツフォードテラス。異国情緒たっぷり絶…

  7. エトーさんちの朝ゴハン「豚キムチチャーハン」スタミナたっぷり

  8. エトーさんちの朝ゴハン「唐揚げラップ」雨の日はカラフルでユニークな紙ナプキンで彩を

monolith video

PAGE TOP