【麺狂い】ゆで太郎の肉そばはコロッケ必須。小橋の豪腕ラリアット昇天級、シンプルに旨い

麺狂いにとって、なによりも辛いのは耐えること。麺がのびてしまっては美味しさは半減してしまうからです。しかし、小橋建太の受けの美学よろしく、待つことでおいしくなるそばもあるんです。かなり身近に。

それがゆで太郎の肉そば+コロッケ追加。520円のベストバウトです。ゆで太郎の肉そばは、肉がしっかりしています。さながら小橋の逆水平のようにしっかりと相手に刻み、同時に試合を作るのです。

コロッケをあたたかいツユに沈め、ひたすら時が来るのを待ちます。技を受け苦しみにたえる小橋の苦しそうな顔が思い浮かぶのもこのタイミングでしょう。

そばを半分ほど片づけたころ、いよいよコロッケに手をつけます。冷たく味気ない「はず」のゆで太郎のコロッケが、表面にしみたツユとぬくもりをまとい、甘く優しく生まれ変わるのです。

IMG_8773.JPG

あとは逆水平とスープレックスで仕上げる小橋のスタイルと同じ。肉→そば→コロッケ→そばと口に放り込んでください。頃合いをみてコロッケ成分がとけ出したツユを飲み干せばラリアット、気づけばマットに沈んでいることでしょう。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「好きなものばかりの和朝食」春を感じるスナップエンドウ

  2. スコーン作り、ムムッお菓子は難しい。ミニストップのお気に入りフォンダンショコラと一緒にいただきます!…

  3. エトーさんちの朝ゴハン「精進料理風和朝食」豆腐と湯葉と野菜メイン

  4. エトーさんちの朝ゴハン「海老パンプレート」ぷりぷりカリカリジューシー

  5. 栃木の珍スポ「新生姜ミュージアム」体験記、岩下さんちのご乱心を日帰り無料で楽しめますぞ!

  6. 肉じゃが女子を殲滅せよ、男子の胃袋はムースーローでつかめますので!

  7. エトーさんちの朝ゴハン「古代米のTKG」飛鳥と京都を感じる朝ごはん

  8. エトーさんちの朝ゴハン「彩りおいなりさん」お揚げを九州醤油で甘辛くふっくら炊いたら砂糖不要

monolith video

PAGE TOP