いとしの怠けんぼ:私服だとわかって寝ていたよ

本日帰宅22時50分頃
夫状態→仕事

珍しく私が先に帰宅した。夫は、翌日の仕事の準備で作業中とのこと。私も週末の社内研修に向け資料を作らなければならなかった為、ちょうど良い。

夫の居ぬ間に家で作業をパパッとやってしまいたい! と思っていたが、結論から先に言う。猛烈に眠くなり、0時前に思わずベッドに潜り込んでしまった。

夫の帰りを待たずにそのまま落ちた。 朝起きると、昨夜の記憶がなんとなく蘇ってきた。

夫が夜中、私に声をかけている。

「アンタまた俺のスウェット着て寝て……。これパジャマじゃなくて、私服なんだからねぇ」

いや、私服だとわかって着て寝ていたよ。ちょうどそこにあって、ちょうどいい感じだったから……。

今日もごめんなさい、いや昨夜もごめんなさいか。ありがとう。

[Credit Title]
文:安倍すゑ / イラスト:森香織 /

安倍すゑ

安倍すゑ

ライター。働く女、新妻すゑでございます。

森香織

森香織

ねことビールと休日がすき。
http://www.morikaori.com/

関連記事

  1. イッヌのココロ丸裸、心拍で犬の感情を読み解く「INUPATHY」がスゴい(更新)

  2. いとしの怠けんぼ:金夜のジョナサンで話そうよ

  3. 無職につける薬:名刺で変わるコミュ力、味方につけてみた

  4. IoTなんて、早いところなくなればいい。

  5. 退職エントリの書き方

  6. いとしの怠けんぼ:夫はデカ尻が好きだ。

  7. 猫のトロの部分に顔をうずめたい。叶わなかったので写真をご覧下さい

  8. いとしの怠けんぼ:このままじゃあいけないな、と思う。

monolith video

PAGE TOP