さくらももこ『ちびしかくちゃん』:本とのこと。

最近読んだ本についてサクッと語る『本とのこと。』。今回はさくらももこさんの『ちびしかくちゃん』について。全力でブラックユーモアの怪作を国民的人気作品のパロディでやる勇気すごい。

気に入った3つのポイントは以下。詳しくは動画でどうぞ。

  • 裏切ってくれる
  • みんな意地悪
  • よくやった

こんな作品が好きな人にオススメです。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. キク書のススメ #01『オウンドメディアのつくりかた 「自分たちでつくる」ためのメディア運営』

  2. 石田ゆり子『Lily ――日々のカケラ――』:本とのこと。

  3. 出版社の強みは本を作ること? これからの話を考えてみた。(更新)

  4. 今、キャベツ食べないでどうするの?

  5. イッヌのココロ丸裸、心拍で犬の感情を読み解く「INUPATHY」がスゴい(更新)

  6. 夏を乗り切るミョウガ、今が食べどき、料理どき

  7. 股間アツくするオフビートな青春(女子)、映画『15歳、アルマの恋愛妄想』はNetflixでどうぞ

  8. 夏まる出しの豆カレー、失敗知らずの作り方

monolith video

PAGE TOP