エトーさんちの朝ゴハン「ラーメンバーガー」ポン酢ジュレの鶏つくねをサンド

image

太い中華麺が余ってたので、梅蘭風焼きそばを作る要領で、カリカリに焼いた中華麺をバンズ代わりにしたラーメンバーガー。

image

細かく刻んだ根菜と柚子の風味をつけた鶏つくねをこんがり焼いて、とろみポン酢のタレに絡めてカリカリ中華麺でサンド。

image

キャベツもたっぷりはさんでます。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「パンプディング」冷凍柿初体験

  2. フリーライス伝説、炊飯部のフリースタイル炊飯物語

  3. エトーさんちの朝ゴハン「ヤイラチョルバスとファラフェル」中東プレートの朝ゴハン

  4. エトーさんちの朝ゴハン「熱々湯豆腐御膳」葱たっぷりのタレにつけて

  5. エトーさんちの朝ゴハン「たっぷりサラダプレート」紫外線対策にはトマトとピタヤ

  6. エトーさんちの朝ゴハン「シンプル玉子炒飯」シンプルだからこそパラパラ感重要

  7. エトーさんちの朝ゴハン「4種のフルーツグラノーラ」ビタミンプレートで1週間スタート

  8. エトーさんちの朝ゴハン「3種のおにぎり花籠御膳」常備菜も盛り付けを変えれば新鮮に

monolith video

PAGE TOP