エトーさんちの朝ゴハン「彩りおいなりさん」お揚げを九州醤油で甘辛くふっくら炊いたら砂糖不要

image

九州醤油で甘辛くふっくら炊いたお揚げで彩りおいなりさん。甘みのある九州醤油ならお砂糖使わなくても丁度良い甘さになって簡単です。

image

茶色一色になりがちなおいなりさんは、汁でうっすら味付けをした海老と玉子と紫蘇を盛り付けると彩りもよく豪華に見えます。

image

100円ショップで買ったざるは、うどんやそばを盛り付ける以外にも結構使える優れ物。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「ホタルイカの炊き込みご飯で出汁茶漬け」茅乃舎のお出汁にしそはたっぷり

  2. 【食神さまのいうとおり】レバ刺しのない現代でも楽園はあります。あるんです。レバーランド(蒲田)

  3. エトーさんちの朝ゴハン「シンガポールチキンライス」野菜もたっぷり

  4. エトーさんちの朝ゴハン「フルーツサラダ」生の白とうもろこしも

  5. エトーさんちの朝ゴハン「唐揚げロール」葱や生姜の香味だれに絡めて

  6. エトーさんちの朝ゴハン「萌え断サンド」作り置きで

  7. 意外とあり? ワンコイン弁当で墓場ランチ。外苑前 三喜園のキクラゲ玉子炒め弁当

  8. エトーさんちの朝ゴハン「甘味噌焼きおにぎり」お焦げちょっと焦げるくらいがちょうどいい

monolith video

PAGE TOP