ネギの散らし方に見るおいしそうに見える盛り付け方

たまたま出くわしたイメージが違和感となり、頭にこびりついて離れない。この日、店先に並んだ食品サンプルに奪われました。ネギの散らし方はもちろん自由だと思いますが、こんな風に均等にネギが散らされたことはかつてありません。

IMG_2136

とるに足らないことですが、人工的な散らし方なだけで、なんだかおいしそうに感じないような。。。

おせち料理など、華のある盛り付け自体が1つの価値である場合もありますが、かけそばのような気軽なものはネギの盛り付けも気軽な印象があった方がおいしく見えるのかも。見映えもなかなか難しいものです。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「チヂミプレート」ほうれん草たっぷり

  2. エトーさんちの朝ゴハン「爽やか梅紫蘇俵おにぎり」おかずは小鉢で色々と

  3. エトーさんちの朝ゴハン「ネバネバ丼」自然な甘みのキャベツのお味噌汁

  4. エトーさんちの朝ゴハン「オープンサンドとスムージープレート」ベランダごはん

  5. ご褒美体質のプチ贅沢、汗を流した後はブラッスリー ヴィロン at 丸の内でビール&サンドイッチ

  6. エトーさんちの朝ゴハン「イースターと旬プレート」イースターエッグに筍ペンネ

  7. エトーさんちの朝ゴハン「栗ご飯と秋籠御膳」食卓にもお月見アレンジメント

  8. エトーさんちの朝ゴハン「焼きおにぎり出汁茶漬け」熱々お出汁をかけてサラサラと

monolith video

PAGE TOP