米8合完食、フリーライスのある生活。手作り海鮮丼に納豆ライシング、みんなで食べるとおいしいよ

炊飯部の週に一度のお楽しみといえば、フリーライスです。ゴハンを炊くのであとは自由にどうぞ! というこのプチイベント、回を重ねる毎に参加者が増えており、胃袋から幸せになる人で溢れています。

この日は青森県のブランド米『青天の霹靂』を8合炊きました。粒がしっかりした冷めてもおいしいお米です。実は多めに炊いて残ったものは夜にでも食べようと思っていたのですが、嬉しい残念。お昼ですっかり完食しちゃう人気ぶり。

今回は万城食品から提供いただいた『ごま醤油海鮮丼のたれ』もあったので、お刺身のっけてライシングする人が多かったようです。このタレ、お刺身と絡めるだけで旨味がぐっと高まります。

こちらはマグロときざみ海苔でフリーライス。海苔があると風味が違います。

こちらはサバとフリーライス。ツマも食べれば健康的!

 

 

また、ランチ納豆もゴハンがはかどるライシングの1つです。

今回は京都の鶴の子納豆本舗の『小納豆』をチョイス。ゆず醤油だれと七味唐辛子をかける変わった納豆なんですが、おいしかったですよ。

さて、次回はどんなフリーライスにするか。今から楽しみです。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「具沢山キッシュプレート」クミンのエスニックサラダも

  2. 【麺狂い】浅草 与ろゐ屋の梅しおラーメン実食。バンバン・ビガロ顔負けの身のこなし、ゆえに引き立て役。…

  3. 【酒のアテ】夏こそ旬! とにかくはかどるキュウリ尽くしのツマミレシピ。キュウリだけでも美味しく呑める…

  4. エトーさんちの朝ゴハン「納豆トースト」中にはチーズもかくれんぼ

  5. 「世界一のお肉屋さん(NY Times)」東京に。パリの食べられる肉屋『ユーゴ・デノワイエ』が日本上…

  6. エトーさんちの朝ゴハン「ぜんざいとバター醤油餅」今日は鏡開き

  7. エトーさんちの朝ゴハン「ケールサラダブーケ」ヘルシープレート

  8. メシテロ注意:AOL炊飯部、ベストナイン決定! 2015年のヨダレ記事をおとそ気分でご覧下さい

monolith video

PAGE TOP