フリーライス伝説、炊飯部のフリースタイル炊飯物語

ニューオリンズの街角で誰かが楽器を鳴らせば、いつの間にかジャズセッションが始まります。

炊飯部の周辺で誰かがお腹を空かせれば、いつの間にかフリーライスが始まります。

この日のフリーライスはいつもの編集部とは違うフロアで。炊飯器と米さえあれば、あとは思い思いにフリースタイルでやるのがフリーライスの流儀です。

ふりかけ? 塩辛? 佃煮? 刺身? よう、そっちはどんなだい?

ああ、久しぶりに金が入ったから、イカ天ダブルだ。玉子もあるぞ。

なんだか、ずいぶん豪勢じゃないか。危ない橋でも渡ったのか?

なあに危ない橋はお互い様、いつものことさ。たまたま金払いのいい客だったのさ。仕事は選ばねえ。


へい、アタイの分はあるのかい?

たんまりあるさ、なにせ一升炊きだ。好きにやるがいいさ。

いつも悪いね、今月はカツカツさ。

よう、マダム。それじゃフリーフリカケと洒落込もうじゃないか。なあに遠慮はいらねぇ。

ダンナ、話がわかるじゃない? 今度お店に来たらサービスしてあげるから。

そりゃ楽しみだ。フリー様々だな、あっはっは!

……、外苑前の片隅でそんな声が聞こえたら、あなたの近くで炊飯部のフリーライスが始まってるかもしれません。

フリースタイル、フリーライス、メシ食って笑ってりゃ幸せさ♪

津田啓夢

津田啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、ワクワクを食べて生きる人。 一期は夢よただ狂え。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「雛祭り重」ペンギンのお内裏様とお雛様

  2. エトーさんちの朝ゴハン「焼きいなり」おいなりさんを軽く焼くだけで美味しさ倍増

  3. エトーさんちの朝ゴハン「出汁茶漬け」甘鯛といくらの土鍋ご飯おにぎりで

  4. エトーさんちの朝ゴハン「恵方巻き」大きな海老の海老フライ巻き

  5. エトーさんちの朝ゴハン「ゴロッとマッシュルームラザニア」お肉もゴロゴロ

  6. エトーさんち朝ゴハン番外編「クリスマスランチ」食器と盛り付けでそれっぽく

  7. エトーさんちの朝ゴハン「太巻き節分プレート」鬼味玉で節分気分UP!

  8. エトーさんちの朝ゴハン「TKGととり天と」妙に食べたくなるTKGと揚げ物

PAGE TOP