今、キャベツ食べないでどうするの?

Pexels / Pixabay

2017年秋から今年の春にかけて、白菜やキャベツなど、葉物野菜が高騰していたのは記憶に新しいところかと思います。私も当時、高いよー、買えないよーと騒いでいました。

でも、5月後半あたりからキャベツが安くなっているの知ってました? 春の終わりから野菜の価格は安値にふれていたのですが、普段スーパーに行かない人たちはそれを知らない模様。先日たまたまキャベツを値段を言ったら、みんなびっくりしたので何事かと。下の投稿はみんながひぃひぃ言っていたころのものですなんか懐かしいですね。

キャベツは5月後半から6月あたりに千葉県産の出荷が徐々に終わりを迎え、群馬県産や岩手県産のキャベツが出回ります。今年は群馬や岩手で順調に育っているそうで、価格が平年並に落ち着く見込み。おっそろしい価格だったところから値が下がるので、値頃感は結構あるはずです。

先日、スーパーにてキャベツが一玉98円で販売していました。サイズなどによっても価格は違いますが、思い切って一玉食べきってみることに(一人暮らし)。

オススメはスープ。梅雨が明けていきなりの夏日が続いていますが、外気温と室内温度の変化が激しい時期はスープがオススメ。なんでもいいですが、キャベツをちぎって、固形スープなど入れたらなんとなくそれらしくなります。

ベーコンとかソーセージとか香りのあるものや、ダシの出やすいコンビーフとか一緒にするとスープがはかどります。ジャパンが好きならキャベツの味噌汁もうまいですよ。


この日は、マヨネーズをお酢(かんたん酢)でのばし、明太子ソースを作って千切りキャベツと和えたり、浅漬け作ったり。

結局、一玉は一度の食事じゃ消費仕切れませんでしたw とはいえ、とくに話題になっていないけど、安い時期においしく食べた方がマジで健康的、値頃感のあるものを選んでいきたいですね。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「スキレットそばめし」キヌアを入れてヘルシーに

  2. 【酒のアテ】狂うほど吞みたい週末の献立、常備菜にもなります。正解ないので失敗なし、レシピ未満付き

  3. エトーさんちの朝ゴハン「残り物も盛り付けでごまかす」鍋の残りとシンプルおにぎり

  4. 【山伏ガールのExtremeめし】東京最高峰の雲取山で本格ピザ、標高2000m級の山で女子力溢れる「…

  5. エトーさんちの朝ゴハン「サラダプレート」パリパリトルティーヤボウルにのせて

  6. エトーさんちの朝ゴハン「カレーリメイクドリア」こんがりとろ~りチーズエッグ

  7. エトーさんちの朝ゴハン「エノキのバター醤油ステーキ添え炒飯」牛スネ肉の赤ワイン煮込みをリメイク

  8. エトーさんちの朝ゴハン「焼きおにぎりの鶏出汁茶漬け」さらさらと香ばしく

monolith video

PAGE TOP