余っても怖くない餃子の中身でミートソースパスタ

先日、餃子を失敗してしまったとお伝えしましたが、餃子の具が残ったのでパスタをこさえました。


餃子の具材はキャベツ、豚ひき肉、にら、ネギ、ニンニク、生姜です。

あまり材料を足すのもつまらないので、刻んだニンニクをオリーブオイルになじませ、餃子の具材を炒めることに。

ある程度火が通ったら、タイムを入れて缶詰のカットトマトを加えます。塩胡椒、トマトケチャップ大さじ1杯を加えて煮込みます。ボコボコなってきたらオレガノを投入。これでだいぶらしい味になるはず。

タイムは肉や魚に清涼感を与える香辛料です。オレガノも爽やか系ですが、イタリアンのトマト料理の定番です。らしい香りになりますよ。ケチャップは調味料としては万能選手。手軽にコクが出るので、スープにちょい足ししても奥行きのある味になります。

豚肉だと優しい味になるので、今回は韓国の牛肉スープの素、ダシダも加えました。ダシダも家にあると便利ですよ。
さて、水分量が減ったところで火を止めて少し冷まします。その間にお湯を沸かしてパスタの準備。パスタができたら再び火を入れます。ソースの水分量はパスタの茹で汁で調整可能ですから、煮詰めてもオッケー。

というわけで、全然違う料理になりましたよ。

http://gohan.aol.jp/?p=8514

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「ミニ梅蘭風やきそば」麺ボウルなら楽チン

  2. エトーさんちの朝ゴハン「タコスプレート」野菜やお肉を好きに挟んで

  3. エトーさんちの朝ゴハン「3食感のフレンチトースト」パリふわとろ~り

  4. エトーさんちの朝ゴハン「鍋の残りで雑炊御膳」鶏の出汁で優しい玉子雑炊

  5. エトーさんちの朝ゴハン「ぐでたま弁当」使い回し常備菜も見た目を変えれば気分も一新!?

  6. エトーさんちの朝ゴハン「クロックムッシュとサラダも兼ねた沼サンド」山盛り野菜をギュッ!

  7. 米8合完食、フリーライスのある生活。手作り海鮮丼に納豆ライシング、みんなで食べるとおいしいよ

  8. エトーさんちの朝ゴハン「野菜チヂミ」ニラとタマネギとニンジンたっぷり

monolith video

PAGE TOP