夏を乗り切るミョウガ、今が食べどき、料理どき

今年もミョウガの美味しい季節がやってきました。夏と言えばミョウガです。ここのところ猛暑が続いていますが、もしかするとミョウガを食べるとちょっと元気になれるかもしれません。

ミョウガと言えば鮮烈で爽やかな香りが特徴です。農畜産業振興機構(alic)によると、この香りの成分はα-ピネンというもので、夏バテなどの食欲減退に効果が期待できるそう。

食用として栽培しているのは世界でもほぼ日本だけ、と言われるミョウガですが、世界的にも厳しいと言われる日本の夏を乗り切る食材なのかも。

この日は、そうめんの上に玉子焼きとたっぷりのきざみミョウガをのせて涼しいお昼ごはんに。脳天を突き抜ける香り、鮮烈!。やべー、旨い!



津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「3つの食感フレンチトースト」手作りジャム添え

  2. エトーさんちの朝ゴハン「ベランダ飯はワンプレートがいい」カトラリーも食器も最小限のワンプレートが楽チ…

  3. これ野菜!? 母の日に贈る食べられるブーケ『ベジターレ ベジギフトアレンジメント』、花より団子な最愛…

  4. エトーさんちの朝ゴハン「台湾麺線御膳」ホルモンの代わりに鶏皮で

  5. エトーさんちの朝ゴハン「青じそベーグル」と爽やかな風味

  6. エトーさんちの朝ゴハン「中華プレート」三種の中華おかず

  7. エトーさんちの朝ゴハン「肉巻きおにぎり」肉汁もご飯に染み込んで美味しさ凝縮

  8. エトーさんちの朝ゴハン「焼き鯖寿司御膳」玉子焼きには千鳥の焼印を入れて

monolith video

PAGE TOP