夏を乗り切るミョウガ、今が食べどき、料理どき

今年もミョウガの美味しい季節がやってきました。夏と言えばミョウガです。ここのところ猛暑が続いていますが、もしかするとミョウガを食べるとちょっと元気になれるかもしれません。

ミョウガと言えば鮮烈で爽やかな香りが特徴です。農畜産業振興機構(alic)によると、この香りの成分はα-ピネンというもので、夏バテなどの食欲減退に効果が期待できるそう。

食用として栽培しているのは世界でもほぼ日本だけ、と言われるミョウガですが、世界的にも厳しいと言われる日本の夏を乗り切る食材なのかも。

この日は、そうめんの上に玉子焼きとたっぷりのきざみミョウガをのせて涼しいお昼ごはんに。脳天を突き抜ける香り、鮮烈!。やべー、旨い!



津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「肉骨茶炒飯とラクサスープ」残り物リメイクプレート

  2. エトーさんちの朝ゴハン「麺ボウルプレート」インスタントラーメンで

  3. エトーさんちの朝ゴハン「ガレットプレート」ベジロールも添えて野菜たっぷり

  4. キク書のススメ:スマホでできる忙しい人のための新しい本の体験

  5. エトーさんちの朝ゴハン「軽めのワンプレート」軽めでも栄養と彩りはバランス良く

  6. エトーさんちの朝ゴハン「トリュフパスタ」トリュフの香り満載

  7. 浅草、庶民派代表「翁そば」真の名物はカレー南蛮に非ず。地元有志がすすめる食べコレ!

  8. 【山伏ガールのExtremeめし】ラーメンガール特別編。ナマ脚、生餃子。評論家直伝!山奥の天然水で食…

monolith video

PAGE TOP