夏野菜のアテ:キュウリとナスのさっぱり酢豚。ビールやハイボールのお供にぴったりレシピ

夏は一年で一番野菜にやる気がありますw しかも8月31日は野菜の日、たっぷり野菜がとれる夏らしいメニュー「キュウリとナスのさっぱり酢豚」なんていかがでしょうか? ちゃんと酢豚作るより簡単です。

使う材料は以下の通り。

  • きゅうり
  • ナス
  • 豚肉
  • ネギ(あれば)
  • 生姜
  • 調味料

では、かたいこと考えず料理しましょう。楽しくやるのが一番!

  1. まず、沸騰したお湯を豚肉にかけてください。しゃぶしゃぶのようにお湯にくぐらせてもいいです。火を通さずにピンクの肉が白くなる程度。
  2. 刻む or すり下ろした生姜と一緒にキュウリから炒めます。基本強火でOK。油をひいた方がナスとの相性がよくなります。
  3. キュウリに1分弱火を通したら、ナス投入。ざっと油が回ったら豚肉も。
  4. ざっくり30秒炒めて酒、みりん、塩、コショウ。フタをして30秒ガマン、美味しくなるよう祈りのダンス♪
  5. フタをあけます。
  6. ポン酢かメンツユ、醤油。ポン酢とメンツユの合わせ技でジャパン感を出してもいいし、醤油ならゴマ油も一緒にいれると中華っぽくまとまります。
  7. 仕上げにネギ散らして出来上がり。

オマケ:キュウリの青臭さが嫌いじゃないなら、キュウリとナスを一緒にいれてもいいです。シャクシャクした食感が楽しいです。生姜を後半に入れると香りが強く残るので、相対的に青臭さを消しやすいです。

オマケ:フライパンが温まってからだいたい3分〜5分ぐらい。それぐらいキュウリに火を通していくと、シャクシャクした食感からホクホクした食感に変わるところがあります。ホクホク食感になると青臭さが抜ける一方、そこからフニャフニャするまでが早いです。

さて、夏っぽくできました? わりとハイボールがはかどりますよ。よかったらチャレンジしてみてくださいね。

 

 

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「クロックマダム」フレンチトーストでしっとりと

  2. エトーさんちの朝ゴハン「兜の焼きおにぎり出汁茶漬け」壺底醤油の香ばしさ

  3. エトーさんちの朝ゴハン「ライスボウル」牛すじ煮込みとカレー鶏天

  4. エトーさんちの朝ゴハン「冷やし中華とかき玉スープ」余った焼売の皮で

  5. エトーさんちの朝ゴハン「海老トースト」サクサクプリプリ食感

  6. エトーさんちの朝ゴハン「おかずをのせてライスボウル」食べられるTKG器

  7. エトーさんちの朝ゴハン「サクサクもっちもちポンデケージョ」チョップドサラダをはさんでも美味

  8. エトーさんちの朝ゴハン「リメイクチャーハン御膳」ソーキの八角煮をリメイク

monolith video

PAGE TOP