季節の変わり目にぽかぽか薬膳『ヒマラヤ鍋』で心と体のメンテナンスはいかがですか?:コメローナの良食充

恵比寿から徒歩2分のところに、異国情緒あふれる一軒屋レストランがあります。ひときわ目立つガラス張りのドーム、そこはKHUMBILA(クンビラ)という、本格ネパール料理店です。

店名のKHUMBILAは、ヒマラヤ山脈の一角にある霊山のクンビラ山から。ガラス張りのドームはまさにヒマラヤを意識して作られたとか。

6階建てのそのレストランは、入った瞬間異空間にワープしたような感覚を覚えます。エスニックな香りのお香にスパイス。

陽気なネパール人の店員さんが迎えてくれます。

3階の席に案内され、せっかくなので、おすすめのコース料理を頼む事に。

まずは最初に出て来たのが、ひよこ豆の自家製チップスとジャガ芋の香辛料和え。チップスはパリパリの食感が癖になりそう。ジャガ芋はもっちりしていて、少しピリ辛。あっという間に食べ終わってしまいました。

続いてはネパールの定番料理、モモコ。ネパール版小籠包のようなもので、モモと呼ばれることも。じゅわーーっと肉汁たっぷり。見た目がカラフルですが、ここは化学調味料や合成着色料をいっさい使っていないので、全て天然の色合いです。

続いてコースには入っていなかったのですが、オーナーオススメのお店のオリジナル料理「ヒマラヤンチューリップ」を頼んでみました。色んなハーブが使われているから体に良いのだとか。これらのハーブをチキンで包みフライに。なぜチューリップ?と思うのですが、店員さんが切ってくれると理由が判明。(以下ネタバレ注意w)

意外や意外、中は空洞。じわ〜っとソースが流れ出てきます。奇麗なお花のように切り分けてくださるんですね〜。

その後が、これまたクリーミーで美味しいお店のオリジナル料理、豆腐パルンゴ。豆腐の上にほうれん草のソース。この食感がたまりません。ここはベジタリアン料理にも対応しているので、ベジタリアンの方にもおすすめです。


続いて「国産豚の肉厚スペアリブ」が登場。酢豚の様な甘酢っぱさとピリッとした辛味がとてもおいしく、お肉もジューシーでした。

そして、いよいよ来ました、コースのハイライト!すぐにほぐせる程柔らかく煮込んだチキン丸一羽が入った、コラーゲンとハーブがいっぱいの『ヒマラヤ鍋』です。薬膳鍋なので体が芯からあたたまります。

ご覧下さい、チキンをほぐすと、上の鍋が下の写真のようになります。


もうと〜ろとろです!

これに色んな調味料を入れて食べるのですが、韓国の参鶏湯+タイ料理を足して2で割ったようなお味ですかね?

調味料はヒマラヤの塩、ネギ、パクチーと、定員さんいわく「辛いの」だそうです。

本場のネパールの鍋はこれに辛さを増したバージョンなのだそうですが、辛いのお好きな方は、定員さんに「辛いの」をいっぱいもらってください。

最後にシメでお雑炊か麺を選べるのですが、私達はコラーゲンたっぷりのスープを出来るだけ体に取り入れたかったので、雑炊をセレクト。美味しい!優しい味が口から体の中へと染み渡ります。

そして、デザート。4種類あったので、全て頼んで少しづつ食べる事に。左奥からチーズケーキ、その隣が手作りヨーグルト+フルーツです。手前の左がココナッツ・プリン、その隣がハルワ。ハルワはアジアや中東の広い地域で食べられている練り菓子です。さて、このオレンジ色のハルワはなんで出来ていると思いますか?これは食べてのお楽しみということにしておきます。

最後までとってもおいしいお料理でした。ネパールは神々を重んじる文化です。お店の名前も霊山ということで、クンビラはパワースポットではないかと思える程、心も軽くなる楽しいひとときを過ごしました。

年度末の忙しさでお疲れの方は是非、ハーブと陽気な雰囲気で体と心のメンテナンスに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

【お店情報】

クンビラ (KHUMBILA)
http://www.khumbila.com/framepage1.html
https://r.gnavi.co.jp/e816200/

営業時間:
ランチ
月~日   11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー
月~木・日 17:00~23:00(L.O.22:30)
金・土   17:00~23:30(L.O.23:00)

電話: 03-3719-6115
所在地: 東京都渋谷区恵比寿南1-9-11
アクセス:
JR 恵比寿駅 西口 徒歩2分
地下鉄日比谷線 恵比寿駅 西口 徒歩2分

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「バゲットサンドとトマトクリームポタージュ」ふるさと納税の生ハムとアボカドチー…

  2. 米の数だけ抱きしめて、炊きたてフリーライス7合ランチ

  3. 炊飯部ライブ:これが炊飯器プリン、スイーツ王様プリンアラモード作る。炊飯器ならバケツプリンも現実に

  4. エトーさんちの朝ゴハン「具沢山お味噌汁」おにぎりと果物の3種類

  5. 肉じゃがリメイクで揚げ物三昧、変わりタルタルで嬉しいサプライズ!:うちの夫飯、時々妻飯

  6. 宮城の秋はモチロンはらこ飯! 久々の炊飯部ライブやりました

  7. 10年来の友人が結婚相手のご実家へ初訪問。手土産好きな京都人が選ぶ鉄板の和菓子は鶴屋吉信の「つばらつ…

  8. エトーさんちの朝ゴハン「秋刀魚の蒲焼き寿司」甘辛ダレをご飯にもまぶして

monolith video

PAGE TOP