築地マグロユッケ丼、こいつはもはや快楽だ。昭和オトコの聖地 新橋ランチにうっとり

新橋といえば、駅前にヤミ市の名残りを残す今では珍しいアルコールのワンダーランドです。新橋駅前ビルやニュー新橋ビルといったいわゆる「オヤジビル」は、いずれもヤミ市に端を発するマーケットの再開発事業として生まれたんだとか。

今回は汐留側にある新橋駅前ビル一号館の名店、立ち飲み処 圭でお昼を食べました。築地マグロユッケ丼の破壊力をどうぞ。


ピリ辛のタレに和えられたマグロに、オンザ黄色い目玉。濃厚トロトロの黄身と絡まるレペゼン築地のマグロにうっとりします。

つけあわせのタクアンの細切りも単調になりがちな丼に良いアクセントを与えてくれますよ。コリコリ♪


それを白メシと共に、いっそのこと大胆に。かきこめ、大人たちよ!

タガが外れた大人の極楽、組んず解れつ混然一体となったマグロユッケと白メシの契り。たとえその交わりがランチタイムのひとときだけであろうとも、忘れさせて欲しいです。ただ、満たされていたいんです。
嬉しくって抱き合い、溶け合って重なり合う。そんな充足感を得たい方は圭のマグロユッケ丼をどうぞ。800円で昇天してください。


お店は駅前ビルの中でも「え? ここ?」みたいな場所にあります。ダンジョン気分で探してみてください。お店は入ると広い穴ぐら系。

夜の立ち飲み屋になると、このマグロユッケに刻んだキュウリをそえたツマミが出てきます。そちらはそちらでチューハイが捗りますよ。マグロ、ご期待ください。

https://youtu.be/NCdObJJ9klA

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「3種のフレンチトースト」カラメリゼに生ハムに半熟卵に

  2. 特別なことは何もありませんが和牛ステーキ肉が焼ける様子を動画でご覧下さい(30秒)

  3. エトーさんちの朝ゴハン「ごろごろチキンのポットパイ」モッツァレラとトマトのリゾットを添えて

  4. エトーさんちの朝ゴハン「雛祭り御膳」彩り豊かなひし餅寿司

  5. エトーさんちの朝ゴハン「スムージーとチョップドサラダ」ベランダごはん

  6. 【ものがたりごはん】サウンド・オブ・ミュージック劇中歌、京都が気になるアノ曲求めウィーンへ。本場シュ…

  7. エトーさんちの朝ゴハン「ペンギンおにぎり」ガラスお重で涼しげに

  8. エトーさんちの朝ゴハン「納豆トースト」チーズと黄身がとろーり

monolith video

PAGE TOP