米の数だけ抱きしめて、炊きたてフリーライス7合ランチ

米粒の数だけ人生があると言いますが、フリーライスもまた、オカズの数だけ多様なランチ模様が垣間見得ます。


この日、オフィスで行ったフリーライスでは、大きな海苔を使った爆弾結びを作る人や、まさかのタコ焼き定食、梅干し日の丸ご飯、ふりかけ、佃煮、しっかりオカズなどなど、皆思い思いのオカズを調達してライシングしました。

ちなみに今回は7合の炊きたてご飯を用意。あれよあれよと胃袋におさまり、結果的に6.5合のおいしいご飯が幸せへと昇華していきました。

もちろん残りもしっかり冷凍し、明日以降のご飯として食べます。全く、米は食べられないところがありませんな。


私のこの日のライシングは、アジのタタキングで海苔巻キングでした。会社のお昼に炊きたてご飯、それだけでもいいもんですよ。いや、マジで。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「豚の生姜焼きロール」表面をバーナーで炙って香ばしく

  2. ラガーにエール、ピルスナー、ビール選びが楽しくなる2つのポイント

  3. 宮城の秋はモチロンはらこ飯! 久々の炊飯部ライブやりました

  4. エトーさんちの朝ゴハン「鉄板焼きそば」黄身がとろ〜り

  5. エトーさんちの朝ゴハン「ビタミンプレート」フルーツと野菜たっぷりと

  6. エトーさんちの朝ゴハン「豚汁とTKG」食べる昆布だし醤油で

  7. エトーさんちの朝ゴハン「スティックおにぎり」片手でパクパク肉巻き&浅漬けストライプ

  8. エトーさんちの朝ゴハン「ふわふわ削り節ご飯」最後は熱々お出汁をかけて

monolith video

PAGE TOP