股間アツくするオフビートな青春(女子)、映画『15歳、アルマの恋愛妄想』はNetflixでどうぞ

面白いのに、邦題で損してそうな『15歳、アルマの恋愛妄想』をNetflixで観ました。オフビートな青春映画、ゆるーく観るのに具合がいいですよ。

原題はノルウェー語なのでニュアンスをはかりかねるけど、英語にすると「Get me on, dammit」とか「Turn me on, dammit 」。燃え上がりたい、変わりたい、アツくさせてよ!って感じのはしたない口語表現かなと。

それからすると、この邦題はミシェル・ゴンドリーの『恋愛睡眠のすすめ』あたりを狙ったかのような、抑えぎみの表現。もっとも、あちらは原題がThe Science of Sleepとシンプルだけど。

▼あらすじ

ノルウェーの田舎町に住む15歳の女の子が日常に刺激を求めている、という普遍的な話。それがテレフォンセックスとかいささか強めの刺激だったりしますが、女性の監督はそれをちょっぴりストレンジでポップにまとめています。

主人公のアルマは、中2男子のような妄想をしまくる思春期丸出し女の子。エロい妄想ですぐにモヤモヤしちゃう、性が目覚めて自制がきかぬ人です。パーティーでのある言葉をきっかけに学校や周囲から孤立。どこの国でも同じでような状況におちいりそうな、そんなちょっとしたきっかけで物語が動いていきます。

大きな展開の少ないドラマですが、その展開のなさもまた青春といった具合。みんなに当たり前にやってくる風変わりな青春は、当人とその周辺にとっては大きな変化ですから。かくしてアルマの青春はどうなるか? あらすじはそんなところです。

▼こんな人に

お酒でも楽しみながらゆるーく楽しむのがいい映画。ドンパチなど派手なことはない、ミニシアターっぽいこじんまりとした作品で、派手な花火こそ映画!って人は退屈かも。サブカルが大丈夫で、一人で映画観られる人は楽しいはず。ノルウェーの若者も同じような青春してんだなぁ、って感じがなんだか気持ちよかったです。

日本の映画だと、「下妻物語」とか「二十歳の微熱」。アメリカだとソフィアコッポラの「ヴァージン・スーサイズ」、オタクの友情を描いた「ナポレオンダイナマイト(バス男)」あたりにひかれる人は好きだと思います。妙にリアルで普遍的、でもキッチュ。そんな世界がのぞけます。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. あなたが知らないカラダの宇宙、特別展「人体―神秘への挑戦―」間もなく終了。急げ!

  2. 石田ゆり子『Lily ――日々のカケラ――』:本とのこと。

  3. うどんが食べたい。レトロ自販機求めて三千里。群馬県太田市「ピットイン77」

  4. さくらももこ『ちびしかくちゃん』:本とのこと。

  5. カイくん、ありがとう。白戸家の初代お父さんに花をあげよう

  6. 酒ブ私人の会:キリン 本絞り チューハイ 四季柑 #3杯目

  7. エトーさんちの朝ゴハン「おろし納豆蕎麦パスタ」蕎麦なパスタ?!

  8. キク書のススメ:スマホでできる忙しい人のための新しい本の体験

monolith video

PAGE TOP