酒のアテ:イワシの煮付け。落し蓋にはコーヒーのアレがオススメ

仕事納めの昨日、すっかり遅くなったし西友でアテでも買って晩酌すっかな。と、スーパーに向かいました。

深夜もてっぺんともなれば人もまばら。そんな西友で爆安になっていたのがイワシでした。

丸々としたこいつが4尾入って110円。繰り返しますが4尾で110円です。

煮付けにします。頭と尻尾とって腹をかっさばき中身を取り出して煮汁に投入。

煮汁はしょうゆ大4、酒大4、みりん大2、砂糖大1。180cc の水を入れて煮立てて、そこに刻み生姜と梅干しを入れて煮汁としました。


落し蓋なんて気の利いたものはありません。アルミホイルでもいいですが、落し蓋の効果はコーヒーのペーパーフィルターの方が発揮できます。アルミホイルの場合は煮汁をイワシにかけてやるなどした方が煮汁がイワシにまわります。

フィルターは二枚用意。つなぎ目のところを切ると扇型4枚になるので、それを敷いていくとフタになります。

10分ちょいで完成しました。味が染み込むほど煮てませんが、煮すぎると味が出てしまうので酒のアテにはこれくらいがいいと思います。


今夜は本絞り→焼酎お湯割でやっつけていきました。イワシを見つけたらやってみてください。やっつけがいのあるアテですよ。

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「あぐー豚の炊き込み御飯」かなり優秀なお菓子の容器

  2. エトーさんちの朝ゴハン「生姜たっぷりとろみスープ」体もポカポカ

  3. エトーさんちの朝ゴハン「納豆チャーハン」バターの香り

  4. エトーさんちの朝ゴハン「焼きたてもちもちベーグル」ココナッツオイルでヘルシーに

  5. エトーさんちの朝ゴハン「土鍋シチュー」甘いさつまいも入り

  6. エトーさんちの朝ゴハン「鶏つくねのラーメンバーガー」毎月11日は麺の日

  7. 栃木の珍スポ「新生姜ミュージアム」体験記、岩下さんちのご乱心を日帰り無料で楽しめますぞ!

  8. エトーさんちの朝ゴハン「番外編ランチホムパ」あまり野菜はチョップドサラダに

monolith video

PAGE TOP