麻婆豆腐ノススメ。夏の家庭味はビールが進むぞ!レシピ未満付き

週末、クソ多忙なワークタイムを終えたら、おいしいビールを飲みたいですよね。それならアテは麻婆豆腐がオススメです。

本格的な味はお店に任せるとして、おいしいウチの味を作りやすいですから。

麻婆豆腐は、豆腐とジャン系調味料のマリアージュです。間を取り持つのがひき肉油。正しい作り方は知らないので、ググれば出てくるんじゃないでしょうか。

刻んだニンニクと生姜、ひき肉を油とともに熱いフライパンにぶち込み、ひき肉から油を出してやります。

基本的に辛いジャンと甘いジャンで味を構成すると、誰でも食べやすい味になります。

この日は豆板醤2、甜麺醤1、ケチャップ1、酒1、鶏ガラスープ1ぐらい。大人な辛さです。

甜麺醤なければコチュジャンでも。それもなければ。味噌砂糖みりんでも、甘い焼肉のタレでも。豆板醤に対抗するコクのある甘さがあれば成立するはずです。

あとは豆腐入れて、グツグツいったらひと回しかき混ぜて、ニラ入れて水溶き片栗粉を少し。入れたらすぐかき回して最後にゴマ油ひと回し完成。

プシュッと缶をあけたらなんも考えずゴクリゴクリ。いただきますっ!てんでパクついた末ごちそうさま!ってなもんです。おそまつさま!

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「シンガポールチキンライス」茹で汁も活用

  2. 冷蔵庫の残り物で野菜たっぷりご飯:うちの夫飯、時々妻飯

  3. エトーさんちの朝ゴハン「焼きおにぎりの出汁茶漬け」BB8と牛すじ煮込みのせ

  4. エトーさんちの朝ゴハン「焼きおにぎり出汁茶漬け」鮑と雲丹のいちご煮炊込みご飯で

  5. 紅茶に慣れ親しんでいるシンガポーリアンへの手土産は、迷うことなく一保堂の緑茶をセレクト

  6. エトーさんちの朝ゴハン「和風ケークサレ」常備菜のきんぴらをリメイク

  7. 【食神さまのいうとおり】マレーシアで頂ける本場日本の焼き鳥とホッピーセット。鶏鬨(デサ・スリハタマス…

  8. エトーさんちの朝ゴハン「たっぷりサラダプレート」紫外線対策にはトマトとピタヤ

monolith video

PAGE TOP