Bluetoothコーヒーメーカー「ネスプレッソ プロディジオ」を試してみました

ネスプレッソのコーヒーマシンをお借りしました。ネスプレッソ プロディジオなるこの製品、Bluetoothでスマートフォンと連携するという風変わりなものですが、コーヒーカプセルの残数や抽出予約がスマホからできちゃいます。価格は2万4840円。

IMG_1184

外観はシンプル、部屋においても邪魔をしないデザインです。後ろの水タンクもデザインのアクセントになっていますね。

IMG_1187

専用のカプセルから抽出したコーヒーが楽しめます。このあたりはネスプレッソのほかのコーヒーと同じですね。

IMG_1186

上部にセットしてコーヒー抽出。いい香りが部屋にたちこめます。抽出したカプセルな内部のボックスに収納されます。

IMG_1185

IMG_1192

背の高いカップの場合は台を跳ね上げてカップを置きます。

IMG_1191

と、まぁネスプレッソの一般的なコーヒーマシンらしいところはここまで。この製品の肝はスマホ連携です。スマホアプリの機能紹介は親切でした。

IMG_1157

スマホで遠隔抽出、カプセル残数管理、時間を指定して抽出が可能。水タンクの量もみてくれます。

IMG_1154

IMG_1156 IMG_1158

で、結論です。

【○】抽出予約は、毎日同じ時間に1杯だけぼっちで飲む人に便利。

【×】他に飲む人がいる家庭は不向き。予約しても誰かが飲んだら予約解除。

【○】アプリからカプセルが買える。

【×】カプセル残数管理はカプセル数を自分で入力する必要がある

【○】水タンクの容量がアプリで確認できる。

【×】遠隔操作するメリットが感じられない。多くのアクションをマシンのところでやらねばならない。

【○】味はいつものネスプレッソ。

【×】期待を大きく下回る機能性。

価格のわりにいまいちな気がします。むしろBluetoothによって高められた期待値を超えられていないため、Bluetoothがない方がいいような気さえします。今後に期待!

 

津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. エトーさんちの朝ゴハン「甘辛九州醤油の焼きおにぎり出汁茶漬け」いなばのタピオカ缶のスイーツ付き

  2. 野菜の価格高騰、それでも野菜たっぷり¥400のコロコロ豚入り鍋。カッとなって作ってみた

  3. エトーさんちの朝ゴハン「海老トーストとトムヤムクン」スパイスで体ポカポカアジア飯プレート

  4. エトーさんちの朝ゴハン「最高の卵かけごはん」橙色の黄身の濃厚な味わい

  5. エトーさんちの朝ゴハン「とろろご飯と焼鯖」ちゃんと和朝食

  6. エトーさんちの朝ゴハン「鱈とエノキのホイル焼き御膳」ホイルを開けた湯気がまたご馳走

  7. エトーさんちの朝ゴハン「納豆チャーハン」だし巻き玉子や漬物も

  8. エトーさんちの朝ゴハン「ワッフルボウルプレート」ふわふわエッグインクラウドとクリーム

monolith video

PAGE TOP