INFOBAR xv、今秋発売。デザイン面をまじまじと

2018年秋、INFOBARの新モデル「INFOBAR xv」(インフォバーエックスブイ)の発売が決まりました。初代INFOBARの発表から15年、INFOBAR xvは15周年モデルになります。今回のモデルはもっともコンセプトに近いデザインになったように思います。

詳細は他誌にゆずるとして、ここではモックアップをさわらせてもらった印象をお伝えします。外観は2代目INFOBARのような、ラウンドフォルムのストレートボディを採用。余計なものを廃したシンプルなデザインながらも、配色で遊び心を演出しています。

写真右からINFOBAR、INFOBAR 2、INFOBAR xv

▼キー

INFOBARシリーズといえば、タイル状の物理キーが目をひくポイントです。今回も注目したいのはキー部分で、エッジの部分にまで物理キーを搭載する無茶な設計。これはINFOBARシリーズの最初期、コンセプトモデルとして登場した「info.bar」から今まで実現していなかったものです。

というのも、フレームの中に物理キーをおさめる構造にしなければ、どうしてもキー部分の剛性が心許なくなります。ここだけでも今回のINFOBAR xvはかなり攻めた印象があります。

さらに、3.1インチのディスプレイとのバランスを考えてか、物理キーの縦の長さもサイズダウン。とくにボトム隅の2つのキーは、角の丸みに沿って小さくなっています。こうしたキーのサイズダウンでおそらく多少ボタンの押し心地に影響が出るかもしれません。

その一方で数字の印字は、従来よりも横に広く重たくしているため、かえって数字がはっきり見えます。このあたり、デザインの力を存分に感じるところかなと思います。

▼カラー

また、INFOBARといえば赤を基調としたNISHIKIGOIのカラーリングですが、こちらも変更されています。より深く落ち着いた赤を採用しており、発売から15年を経て、想定するユーザー層も高めに設定しているようです。

ボディカラーはほかにNASUKON、CHERRY BERRYがあります。NASUKONは茄子紺、ナスのように紫の強い紺色で、日本の伝統色に位置づけられています。藍染めなどで茄子紺、鉄紺(緑気味の紺色)なんて言いますが、染めの色名として通っているかなと。ちなみに、甲子園の優勝旗はさらに紫の強い紫紺という色が使われており「紫紺の優勝旗」なんて言われることも。

茄子紺は大正時代に流行した色です。偶然かもしれませんが、その大正時代は15年で新しい時代を迎えているんですよね。15周年モデルのINFOBAR xvとの因果を関係は定かではありませんが、au design projectもINFOBAR xvをラストに新たな時代に向かうのかもしれません。

▼デザインは雄弁だ

初代INFOBARが登場する前年、ビジネスショウで発表されたのがコンセプトモデル「info.bar」でした。前面が携帯電話、背面部分がPDAと呼ばれる今のスマートフォンのようなデバイスを想定したものです。

info.bar

折しも世の中は折りたたみ携帯電話が席巻していた時代。info.barは各キーをユーザーが変更可能とし、かっこよくかつ自分オリジナルを実現するものとして、ファッション的な要素を取り入れました。

2003年の初代INFOBARの発表会、当時、記者として私はそこに参加していました。INFOBARはわかりやすい形で、時代に新しい価値感を提案したと思っています。今回のINFOBAR xvが過去を知らない世代にどう受け取られるのか、反応を見てみたいですね。

現在では、デザインそのものが雄弁にその製品を語るという事実に、多くの人が気づいています。ハードウェアのみならず、ソフトウェアやサービスでもみんなそう。たとえばiPhoneで知られるアップルは、自分たちの製品に詳細な説明書をつけません。デザインが製品の使い方を吸収できる、そんな自信の表れなのかなと思います。

au design projectはたくさん取材をし、たくさんワクワクさせてくれた思い入れのある取材対象でした。これからもワクワクするようなデザインの力を見せつけて欲しいなと思います。

INFOBAR xv



津田 啓夢

津田 啓夢

エディター。0歳で単身渡娑婆。一喜一遊、 一期は夢よただ狂え。ワクワクを食べて生きる人。演劇→写真→アート→メディア。企画、編集、動画、執筆&撮影、イラストのほか、イベントや広告企画なども幅広く手がける。趣味は手ぬぐい集め(地味)。

関連記事

  1. 退職エントリの書き方

  2. いとしの怠けんぼ:夫はデカ尻が好きだ。

  3. いとしの怠けんぼ:このままじゃあいけないな、と思う。

  4. 猫のトロの部分に顔をうずめたい。叶わなかったので写真をご覧下さい

  5. いとしの怠けんぼ:私服だとわかって寝ていたよ

  6. イッヌのココロ丸裸、心拍で犬の感情を読み解く「INUPATHY」がスゴい(更新)

  7. いとしの怠けんぼ:せっかく早く帰れたのに!

  8. 無職につける薬:名刺で変わるコミュ力、味方につけてみた

monolith video

PAGE TOP